ファクタリングは比較的容易に資金調達できることが便利ですが、利用するには基本的には審査が必要となります。 そして、この審査に通過するには、売掛先の信用力がある程度必要となります。 売掛先の信用力に懸念があるけれども今すぐに資金が必要な場合は、審査なしで即日ファクタリングができる業者の利用も視野に入れるべきだと思われるかもしれません。 しかし、一般的に審査が必要であるファクタリングが果たして審査なしで利用できるのか?その裏に何か危険性はないだろうか?と不安に感じる方もいるのではないでしょうか。 この記事では審査なしで即日ファクタリングは可能であるかやそのリスク、ファクタリングの審査に落ちてしまう原因と対策などについて詳しく解説していきます。 国が認めた省庁推奨のファタリングは以下からどうぞ。

最短1時間で資金へ。即日審査ベストファクターはコチラ

審査なしのファクタリングは本来不可能だから甘い文言は危険

審査がなしをうたうファクタリング業者は危険!優良な業者を厳選紹介します。</br> 結論から言いますと、審査なしで即日ファクタリング可能な業者は基本的にはありません。 通常ファクタリング業者は、売掛金がどの程度きちんと回収できるかどうかを把握しておかなければなりません。そのうえで、売掛先の信用力や回収リスクなどから手数料を定める必要があります。 こうしたことを行い取引を成立させるためにも、正規のファクタリング業者であればきちんと審査を行います。 ただ、中には「審査なしで即日ファクタリング可能」と謳っている業者も存在しますが、そうしたところは違法業者である可能性が高いと考えられます。

審査なしというファクタリング業者は利用してはいけない

「審査なしで即日ファクタリング可能」と宣伝する業者は、正規ではない違法の業者である可能性が高いです。 もしもそうした違法業者のファクタリングを利用してしまった場合は、下記のリスクを受けると考えられることから、基本的には利用してはいけません。

優良業者では考えられないほどの法外な手数料を請求してくる

審査なしで即日ファクタリングできるような業者と契約を結んでしまったときのリスクとしてまず考えられるのが、他の正規の優良業者では考えられないほどの法外な手数料を請求されるというものです。 ファクタリングの手数料は、通常であれば2者間で10~30%、3社間で1~9%程度が相場となります。しかし、闇金が運営しているような違法業者を利用した場合は、上記の相場をはるかに逸脱したような手数料を請求してきます。 業者側としては審査なしにより売掛債権の未回収リスクが高くなることから、その分手数料を多く負担してもらおうというわけです。 もちろん、契約通りそうした手数料を支払った場合は、その高額な手数料の分だけ損失を被ることになります。 その結果資金繰りが悪化して多重債務に陥るなど、事業展開を阻んでしまう原因にもなりかねません。

悪質な取り立てを受ける可能性がある

また、「審査なしで即日ファクタリング可能」と謳う怪しい業者と契約を結んだ場合は、悪質な取り立てを受けるリスクがある点にも注意しておきましょう。 こうした怪しい業者は、債権譲渡契約ではなく融資契約を結んでくるケースが多く、そうなった場合は闇金が絡んでくる恐れが十分に考えられ、悪質な取り立てを受ける可能性が高まります。 例えば、債権を回収後期日までに業者に料金を支払わなかった場合は、催促のために事務所事務所へ深夜や早朝といった時間帯でも何度も電話をかけてきたりします。 貸金業法では夜9時から朝8時までの時間帯に電話をかけることは禁じられていますが、違法業者の場合はそうした時間帯でもしつこく平気で電話をしてきます。 また、それでも支払いに応じない場合は、個人の携帯や自宅へ電話をかけてきたり、事務所や店舗に押しかけて大声で暴言を吐いて恐喝してきます。 更にひどい場合は、利用者の家族や知人宅に押しかけて催促をしたり、玄関前に「金を返せ」などといった張り紙をされるといった嫌がらせをしてくるケースも。 このような取り立てをされたら、精神的に追い詰められることはもちろん、社会的信用を失ってその後事業を進めていくうえで多大な悪影響を及ぼすことにもつながるでしょう。 魅力的な宣伝を行う怪しい業者を利用してしまった場合は、悪質な取り立てにより取り返しがつかなくなることにもなりかねない点にも気を付けてください。

償還請求権ありで契約してくる

審査なしと謳う怪しい業者の中には、償還請求権ありで契約してくるところも少なくなりません。 償還請求権というのは、ファクタリング業者が売掛先で債権を回収できなかったときに、その支払いを債権を譲渡した人・企業に請求できる権利のことを言います。 つまり、償還請求権ありで契約してくるということは、売掛先の未回収リスク(売掛先の倒産などにより売掛債権が回収できなくなるリスク)を利用者側が背負う形になります。 正規のファクタリング業者であれば、償還請求権なしでの契約が基本であるため、利用者側が売掛先の未回収リスクを背負うことはありません。 そもそも本来のファクタリングの利用価値は、素早く資金調達できることはもちろん、売掛先の未回収リスクをファクタリング業者が背負ってくれる部分にもあります。 しかし、違法業者の場合は、償還請求権ありで契約することが多いことから、売掛先の未回収リスクを利用者側に押し付けるわけです。 このように、違法業者を利用した場合は、売掛先の未回収リスクを利用者側が負わなければならない可能性が高いことにも注意しておきましょう。 ちなみに、償還請求権ありでの契約は債権譲渡契約ではなく、売掛金を担保とした貸し付けとみなされ、貸金業法が適用されます。 そして、貸金業法では貸金業を営むにあたり貸金業登録が必要となります。

出典ファクタリングの利用に関する注意喚起 引用:一般に「ファクタリング」とは、事業者が保有している売掛債権等を期日前に一定の手数料を徴収して買い取るサービス(事業者の資金調達の一手段)であり、法的には債権の売買(債権譲渡)契約です。 しかし、近時、ファクタリングを装った高金利の貸付けを行うヤミ金融業者の存在が確認されています。また、ファクタリングとして行われる取引であっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものは、貸金業に該当するおそれがあります。

そのため、審査なしと謳う業者の登録番号が登録貸金業者情報検索サービスで検索しても表示されなかった場合は、その時点で違法業者であることが断定できるため、利用するのは控えておきましょう。

出典登録貸金業者情報検索サービス 引用:貸金業を行う場合には、登録を受けなければなりません。借り入れを行おうとする業者が登録業者であるかどうか「登録貸金業者情報検索サービス」を利用するか、財務局又は都道府県へ最新情報を確認しましょう。

ファクタリングの審査落ち理由は信用や実績

ファクタリングでどうしても審査落ちになってしまう場合は、まずその原因について知ることである程度対策することができます。 ファクタリングで審査落ちする理由としては、主に下記の3つが挙げられます。

  • 売掛先の信用度が低い
  • 取引実績が足りていない
  • 利用者の社会的信用度が低い

売掛先の信用度が低いと回収できるか不安視されて落ちることがある

ファクタリングの審査で最も重要視されるのは、売掛先の信用力です。 売掛先の信用力が低ければ、その債権の未回収リスクは高まるでしょう。 万が一途中で売掛先が倒産し、その債権が回収できなかった場合は、ファクタリング業者にとって大きな損失となります。 そのため、ファクタリング業者としては売掛先の信用度が低いとハイリスクな取引を迫られるから、こうしたケースでは基本的に審査の段階で否決されるというわけです。

取引実績が足りていないとマイナスになることがある

売掛先との取引実績が足りていない場合も、信用力に欠けるという理由により、審査落ちになる原因となります。 そのため、ファクタリングを利用する際は、取引実績の浅い売掛債権は売却しないようにするのが有効です。

利用者の社会的信用度がとても低いと影響するのは他分野の審査と同じ

ファクタリングの審査では、利用者の信用度に関してはそこまで重要とされていません。 しかし、利用者が過去に反社会勢力であったり、重大な過失を犯していて社会的信用力が著しく低い場合も、審査落ちの原因となります。 この場合は、ファクタリング以外での資金調達を検討する必要があるでしょう。

審査が落ちづらいファクタリング会社を見極めるコツ

以下のようなファクタリング会社であれば、比較的審査に落ちづらいことが期待されるでしょう。

  • 幅広い額の売掛債権に対応している
  • 対応可能な支払い時期が長い

幅広い額の売掛債権に対応している

幅広い額の売掛債権に対応しているところであれば、売掛債権額によって審査落ちする可能性も低くなるでしょう。 例えば売掛債権が少額である場合は、取引を断るファクタリング会社も少なからずありますが、少額から大口まで幅広い額に対応可能であるところだと売掛債権額によって利用できなくなるということがありません。

対応可能な支払い時期が長い

対応可能な支払い時期が長いファクタリング会社なら、支払いまでの期間が長いことによって審査落ちをする可能性も抑えられるでしょう。 通常債権の支払いまでが長い場合は、それが理由で取引に応じてもらえないことも多々あります。 しかし、対応可能な支払い時期が長いところであれば、支払いサイクルの長さによって審査落ちすることもないでしょう。

申し込む前に確認したいファクタリングの審査通過率を上げるポイント

ファクタリングの審査通過率を上げたいのであれば、主に下記のポイントについて押さえておきましょう。

ある程度信用力のある債権を売却するようにする

ファクタリングの審査通過率を上げたいのであれば、債権の中でも信用力の高い売掛先の債権を売却するようにしましょう。 既にお伝えしている通り、ファクタリングの審査は売掛先の信用力が重要であることから、なるべく審査に受かりたいのであればある程度信頼性のある売掛先の債権を売却するようにしましょう。

取引実績がある売掛先の債権を売却するようにする

また、ファクタリングの審査通過率を上げるうえで心がけたいのが、ある程度取引実績のある売掛先の債権を売却するようにしてください。 取引先がいくら信頼できそうでも、取引実績がなければ十分に信用力があるとはみなされなかったりするので、この点にも注意しておきたいところですね。

売掛債権は業者が定める買取限度の範囲内のものを売却する

売掛金の買取可能な額の範囲(上限・下限)は、利用するファクタリング会社によって異なります。 もしも売却する債権額が、申し込みを検討しているファクタリング会社の買い取り可能額の範囲外である場合は、いくら優良な債権でも審査に通過できなかったりします。 そのため、売却する債権は、利用するファクタリング会社の買取限度内のものにしましょう

支払い期日までの期間が短い債券を売却するようにする

売却する債権は、なるべく支払期日までの期間が短いものの方が望ましいです。 支払期日までの期間が短い債券なら、その未回収リスクも抑えられるため審査に通りやすいですし、それに要する時間も短縮されるので、スピーディーに資金調達できたりします。 逆に支払期日までの期間が長い債券は、その未回収リスクも高まるため、審査落ちを避けたいのであればそうした債権の売却は控えておくと良いでしょう。

審査に通過しやすい即日ファクタリング業者10選

審査に通過しやすい即日ファクタリング業者のおすすめを10社紹介していきます。 おすすめの審査に通過しやすい即日ファクタリングの業者として以下のものがあげられます。

これらのサービス内容を以下の表にまとめました。

ペイトナーファクタリング Pay to day ベストファクター ラボル ビートレーディング トップマネジメント QUQUMO 日本ビジネスリンクス 日本中小企業金融サポート機構 アクセルファクター
手数料 10% 1.0%〜9.5% 2.0%~20.0% 10% 2.0%~12.0% 0.5%~12.5% 1.0%~14.8% 2.0%~14.9% 1.5%~10.0% 2.0%〜20.0%
最短入金時間 10分 30分 1時間 1時間 2時間 2時間 2時間 2時間 3時間 3時間
買取可能額 1万円~100万円 10万円~ 30万円~1億円 1万円~ 無制限 30万円~3億円 無制限 下限なし~1億円 無制限 30万円~
取引形態 2者間ファクタリング 2者間ファクタリング ・2者間ファクタリング

・3者間ファクタリング

2者間ファクタリング ・2者間ファクタリング

・3者間ファクタリング

・2者間ファクタリング

・3者間ファクタリング

2者間ファクタリング ・2者間ファクタリング

・3者間ファクタリング

2者間ファクタリング 2者間ファクタリング
申し込み方法 オンライン オンライン ・電話

・オンライン

・出張訪問

・来社

オンライン ・電話

・メール

・来社

・出張訪問

・電話

・オンライン

・FAX

・LINE

オンライン ・電話

・オンライン

・FAX

・LINE

・電話

・面談

・オンライン

・メール

・FAX

・郵送

・オンライン

運営会社 ペイトナー株式会社 Dual Life Partners株式会社 株式会社アレシア 株式会社ラボル 株式会社ビートレーディング トップマネジメント株式会社 株式会社アクティブサポート 株式会社日本ビジネスリンクス 株式会社アクティブサポート 株式会社アクセルファクター
即日対応

それぞれサービスごとの特徴を解説していきます。

ペイトナーファクタリングはAIを積極的に活用していて審査時間が短い

ペイトナーファクタリングの参考画像

ペイトナーファクタリング
手数料 10%
最短入金時間 10分
買取可能額 1万円~100万円
取引形態 2者間ファクタリング
運営会社 ペイトナー株式会社
即日対応

ペイドナーファクタリングがAIを積極的に活用していて審査時間が短いファクタリングサービスです。 他のところだと審査までに数時間ほどかかるところも多いです。 しかし、ペイドナーファクタリングならわずか10分で審査してもらえます。 また、買取可能額があまり多くない少額融資ができるため、審査難易度もさほど高くありません。 100万円以内の融資で問題ない方は、ほとんどの方がスピード融資に成功しやすいペイドナーファクタリングを利用してみてください。

Pay to dayは最短30分で取引ができてフリーランスでも利用できる

paytodayの参考画像

Pay to day
手数料 1.0%〜9.5%
最短入金時間 30分
買取可能額 10万円~
取引形態 2者間ファクタリング
申し込み方法 オンライン
運営会社 Dual Life Partners株式会社
即日対応

Pay to dayは最短30分で取引ができてフリーランスでも利用できるファクタリングサービスです。

こちらもAI審査を導入しており、ペイドナーファクタリング同様に素早い審査が可能です。

さらに、取引額の制限がないため、すぐにある程度大きな金額を借りたいと考えている方に向いています。

また、Pay to dayはフリーランス・個人事業主の取引にも対応しています。

フリーランスなどの方でファクタリングサービスが利用できないケースが多いです。

Pay to dayならそこを気にする必要がないため、誰でも気軽に利用しやすいです。

ベストファクターは審査通過率が92%超えで資金調達しやすい

ベストファクターの参考画像

ベストファクター
手数料 2.0%~20.0%
最短入金時間 1時間
買取可能額 30万円~1億円
取引形態 ・2者間ファクタリング

・3者間ファクタリング

申し込み方法 ・電話

・オンライン

・出張訪問

・来社

運営会社 株式会社アレシア
即日対応

ベストファクターは審査通過率が92%超えで資金調達しやすいファクタリングサービスです。

他のファクタリングサービスと比べても高い審査通過率を記録しており、審査の通りやすさに優れています。

そのため、なかなか審査に通らないことで悩んでいる方はベストファクターの利用がおすすめです。

また、ベストファクターは最短1時間程度のスピードで入金してくれます。

審査の通過率と入金の早さを意識している方は、ベストファクターを利用してみてください。

ベストファクターは個人事業主でも利用できるため、誰でもまずは相談するところから始めてみてください。

ラボルはオンラインで手続きが完了できて1時間程度で融資してもらえる

labolの参考画像

ラボル
手数料 10%
最短入金時間 1時間
買取可能額 1万円~
取引形態 2者間ファクタリング
申し込み方法 オンライン
運営会社 株式会社ラボル
即日対応

ラボルはオンラインで手続きが完了できて1時間程度で融資してもらえるファクタリングサービスです。

書面や対面での申し込みとなるとやや面倒ですが、ラボルはオンライン手続きのみの対応となっています。

簡単に申し込みやすいため、申し込みのめんどくささが気になる方におすすめです。

また、審査も1時間程度で完了してすぐに入金してもらえます。

まだ開業したばかりで信用度の低い事業を営んでいる方でも、ある程度大きな金額で申請しても審査に通過しやすいです。

手軽に利用しやすいファクタリングサービスの1つであるため、オンライン上で簡単に申し込みたい方は利用してみてください。

ビートレーディングは税金滞納・赤字があっても相談できる

ビートレーディングの参考画像

ビートレーディング
手数料 2.0%~12.0%
最短入金時間 2時間
買取可能額 無制限
取引形態 ・2者間ファクタリング

・3者間ファクタリング

申し込み方法 ・電話

・メール

・来社

・出張訪問

運営会社 株式会社ビートレーディング
即日対応

ビートレーディングは税金滞納・赤字があっても相談できるファクタリングサービスです。

税金を滞納していたり、赤字を抱えていたりする方でも、よほど悲惨な状況でない限りは審査で落ちることはありません。

他社と比べても審査の通過率が高いです。

さらに、ビートレーディングは累計取引額が1,000億円を超えており、資金力に優れたサービスでもあります。

それだけの資金力がある分、安心してファクタリングの取引がしやすいです。

最大買取率が98%となっている点も魅力的で、その点も他社のファクタリングサービスより優れています。

審査のスピードも概ね2時間程度で、決して遅くはない早さとなっています。

トップマネジメントは審査スピードが早くて手数料が低い

トップマネジメントの参考画像

トップマネジメント
手数料 0.5%~12.5%
最短入金時間 2時間
買取可能額 30万円~3億円
取引形態 ・2者間ファクタリング

・3者間ファクタリング

申し込み方法 ・電話

・オンライン

・FAX

・LINE

運営会社 トップマネジメント株式会社
即日対応

トップマネジメントは審査スピードが早くて手数料が低いファクタリングサービスです。

こちらも最短即日対応で、2時間くらいを目安に審査から入金まで済ませてくれます。

より早いスピードで入金してくれるところもありますが、その日のうちに入金してくれれば問題ない方にはおすすめです。

また、トップマネジメントは2者間ファクタリングを利用しても手数料が低い点が魅力的です。

本来なら2者間ファクタリングを利用すると3者間ファクタリングより高い手数料が取られます。

ですが、どちらも変わらない手数料に設定されているため、手数料の高さを気にしないで2者間ファクタリングができます。

QuQuMoは審査が早くて取引の無駄を極限まで省いている

ququmoの参考画像

QUQUMO
手数料 1.0%~14.8%
最短入金時間 2時間
買取可能額 無制限
取引形態 2者間ファクタリング
申し込み方法 オンライン
運営会社 株式会社アクティブサポート
即日対応

QuQuMoは審査が早くて取引の無駄を極限まで省いているファクタリングサービスです。

早ければ2時間ほどで入金まで対応してもらえ、できるだけ早く資金調達したい方におすすめできます。

それだけでなく、提出する書類が少ない点も評価されています。

本来なら請求書・通帳・身分証明書の3点の書類が必要ですが、QuQuMoでは身分証明書の提出は求められません。

さらに面談も特にないため、とにかく手軽に融資することを目的として提供されているサービスとなっています。

提出書類が少ないと怪しい業者なのではないかと心配する方もいます。

ですが、弁護士監修の「クラウドサイン」と呼ばれる電子契約サービスを用いているため、情報が外部に漏れてしまうこともありません。

日本ビジネスリンクスは取引しやすくて出張買取にも対応している

日本ビジネスの参考画像

日本ビジネスリンクス
手数料 2.0%~14.9%
最短入金時間 2時間
買取可能額 下限なし~1億円
取引形態 ・2者間ファクタリング

・3者間ファクタリング

申し込み方法 ・電話

・オンライン

・FAX

・LINE

運営会社 株式会社日本ビジネスリンクス
即日対応

日本ビジネスリンクスは取引しやすくて出張買取にも対応しているファクタリングサービスです。

1億円までという上限はありますが、2時間以内で審査できて柔軟な審査を心掛けてくれます。

そのため、早い審査スピードで審査に通過できたと回答する方が多数見られています。

それだけでなく、日本ビジネスリンクスは出張買取で地方の事業者の方も利用しやすいです。

ヒアリング・面談は必要となりますが、それでも地方の事業者でもその日のうちに審査から入金までしてもらえるところはそう多くありません。

申し込み方法も多数用意されているため、使い勝手のよい方法で申し込んでみてください。

日本中小企業金融サポート機構は審査通過率が95%超えで手数料もトップクラスで低い

日本中小企業サポート機構の参考画像

日本中小企業金融サポート機構
手数料 1.5%~10.0%
最短入金時間 3時間
買取可能額 無制限
取引形態 2者間ファクタリング
申し込み方法 ・電話 ・面談 ・オンライン
運営会社 株式会社アクティブサポート
即日対応

日本中小企業金融サポート機構は審査通過率が95%超えで手数料もトップクラスで低いファクタリングサービスです。

20人申し込んだとすると審査に落ちてしまうのは1人いるかいないかの割合となっています。

たいていの方は審査に通過できるため、審査通過率を意識している方におすすめです。

また、日本中小企業金融サポート機構は非営利団体が運営している数少ないサービスです。

そのため、手数料も最低1.5%の低さまで下げられます。

できるだけ手数料を抑えたい方も選択肢の1つとして考えてみてください。

アクセルファクターは原則即日振込で柔軟な対応をしてくれる

アクセルファクターの参考画像

アクセルファクター
手数料 2.0%〜20.0%
最短入金時間 3時間
買取可能額 30万円~
取引形態 2者間ファクタリング
申し込み方法 ・メール

・FAX

・郵送

・オンライン

運営会社 株式会社アクセルファクター
即日対応

アクセルファクターは原則即日振込で柔軟な対応をしてくれるファクタリングサービスです。

今回紹介したファクタリングサービスの中では入金スピードはやや遅めですが、それでも即日入金を基本としています。

それだけでなく、他社では審査に使える書類として認められないものも審査の判断材料に使うことが可能です。

たとえば、過去に反復継続して取引が行われていることを証明する契約書類を代替書類として審査に使っています。

書類面での問題で審査してくれないことに困っている方は、アクセルファクターを利用してみてください。

ただ、柔軟な審査をしてくれる代わりに若干審査に時間がかかってしまう可能性がある点に注意が必要です。

 

その他審査なしのファクタリングに関するよくある質問と答え

ここからは、その他審査なしのファクタリングに関するよくある質問と答えについて、Q&A形式でまとめてみました。

Q:安全に利用できる審査なしのファクタリングはありますか?

審査なしのファクタリングは、基本的には違法業者・闇金が運営している可能性が高いため、安全に利用できるところはほぼないと言えるでしょう。 仮にこうした怪しい業者を利用してしまった場合は、法外な手数料を請求されることによって資金繰りが悪化してしまう恐れがあります。また、悪質な取り立てによって精神的に疲弊してしまうばかりか、会社の社会的信用を失墜させることにもなりかねません。 こうしたことから、「審査なし・即日ファクタリング可」と謳っている業者がいたとしても、利用しないようにしてください。

Q:ファクタリングの審査率はどれくらいですか?また、通りやすくするためにはどうすればよいですか?

一般的なファクタリングの審査通過率は約70%程度であると言われています。 ちなみに、これは金融機関の融資の審査通過率よりも10~20%程度高いため、その分資金調達がしやすいと言えます。 また、ファクタリングの審査通過率を上げたいのであれば、審査の柔軟なファクタリング業者を選んで利用するようにしたり、ある程度信用力があって支払期日までの期間が短い売掛債権を売却するようにすると良いでしょう。